えっ本当?ハゲと紫外線の関係 紫外線を浴び続けるとハゲる?

薄毛で前髪が後退 ミノキシジル配合育毛剤で後退を改善

MENU

ハゲと紫外線の関係 紫外線を浴び続けるとハゲる?

紫外線を大量に浴びると、肌にシミやそばかすができるのは良く知られていますね。実は髪も紫外線を浴びると、抜け毛が増えたり、薄毛になったりしてしまうのです。今回はハゲと紫外線の関係についてお話していきましょう。頭皮の日焼けが原因でハゲやすくなってしまうこともあるのです。

 

【紫外線によって頭皮は炎症、酸化を起こす】

顔の日焼けは、日焼け止めを塗って対策をする人が多いのですが、頭に関しては日焼け止めを塗ることができないのでそのままの状態で外出しているという人がほとんどでしょう。髪の毛に隠れているので、頭皮は日焼けしにくいのでは?と思っている人もいますが、そんなことはありません。帽子や日傘などを使用していない場合、太陽からの直射日光を浴びているので、頭頂部は顔の2〜3倍の紫外線を受けていると言われているのです。頭皮は紫外線を浴びると、炎症を起こしてしまいます。赤みがでたり、かゆみがひどくなったりするでしょう。さらに紫外線は頭皮の炎症だけでなくバリア機能を持つ皮脂を酸化させてしまうのです。皮脂は過酸化物質となって、その皮脂が毛穴に詰まることで炎症を悪化させてしまいます。

 

【頭皮環境が悪化すると薄毛、抜け毛の原因に】

紫外線によって頭皮に炎症が起きたり、皮脂が酸化したりすると頭皮環境が悪化してしまいます。頭皮環境が悪化してしまうと、毛母細胞の成長が阻害され、育毛が上手く行われません。また毛髪に十分に栄養が行き届かなくなるので、髪の毛が抜けやすくなったり、細くなったりしてハゲにつながるでしょう。さらに頭皮だけではなく、髪自体も紫外線の影響を受けます。紫外線を大量に浴びた毛髪のキューティクルは剥がれてしまい、枝毛が増えてしまうでしょう。

 

【紫外線から頭皮や毛髪を守るためには?その予防法】

薄毛やハゲを防ぐためには、頭皮が日焼けしないようにすることが大切です。しかし顔などは日焼け止めクリームを塗れば紫外線防止ができますが、髪や頭皮にはべたつくので塗れませんよね。そこで頭皮や毛髪用のUVカットスプレーがおすすめです。スプレーを振りかけるだけで紫外線予防につながりますよ。またノンシリコンタイプの商品が多いので髪にも優しく安心して使えます。
薄毛5