分かるんです!薄毛の計測方法 自分の毛が薄くなったことを正確に測る方法

薄毛で前髪が後退 ミノキシジル配合育毛剤で後退を改善

MENU

薄毛の計測方法 自分の毛が薄くなったことを正確に測る方法

最近抜け毛がひどくなった、髪が細くなってボリュームがなくなったという髪の悩みは男性、女性問わずあるでしょう。特に30代を過ぎたあたりから薄毛が気になりだしたという人は多いのではないでしょうか?しかしなんとなく薄毛になったという気がしても、自分の毛がどのくらい薄くなったのかを正確に測っていう人は意外と少ないでしょう。今回は薄毛になっているかを自分で測ることができる薄毛の計測方法についてご紹介しましょう。

 

【おでこの広さを測って生え際の後退具合をチェックする方法】

薄毛になる人の多くはM字はげなど生え際部分から少しずつ後退していくケースが多いです。生え際の髪が細くなって抜け落ちていき徐々に後退していきます。つまりおでこの広さを測定すれば、どのくらい薄毛になっているかの目安になるでしょう。前頭部からの抜け毛がひどい場合にはおでこの広さを測ると効果的。おでこの広さを測る方法は、自分の手の指を使うとよいでしょう。おでこはまゆげ上部から、生え際までの長さを測るようにします。指を当ててみて3本前後の幅であれば平均的なおでこの広さと言えます。逆に指が4本入る広さであればおでこは広く、生え際が後退している可能性もあるでしょう。指で測るとアバウトになるので正確に測りたい場合には定規などを用いるとよいですね。

 

【頭皮の状態をチェックする毛量測定を行う】

薄毛の計測方法の1つとして毛量測定があります。この毛量測定は頭皮をチェックすることで、髪の毛の密度を詳しく調べることができるのです。最近では毛量測定をスマホのアプリでも行えるようになっています。アンドロイドやiphoneのカメラ機能を利用して、頭皮環境をカメラで撮影すれば毛量を簡単に測定できますよ。毛量測定のアプリは年齢などを入力してカメラで撮影するだけでOK。手軽に使用できるので試す価値はあるでしょう。
薄毛2

【クリニックでは本格的な毛量測定】

美容クリニックや男性専門の薄毛治療を行っているクリニックでは毛量変化測定法を行っています。毛量変化測定法はアプリで行える毛量測定よりも専門的で信頼できるデータを得ることができます。薄毛の度合いが気になる人、いきなり薄毛が進行した人などにおすすめですよ。